スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Owned Well Presents: Duel or Die!! 閉幕

golden-cup.gif ca.pngDaSnaksta
cup_silver.gif gb.pngbleh-
bronze-cup.gif us.pngblackout
bronze-cup.gif gb.pngd1sc
bracket
Twitch実況 by m3ss&mrgrins

久々のクラシックスタイルNormalWeapon1on1大会。
アメリカ開催ということで、アメリカのトップ層中心のなかに
一部イギリスのトッププレイヤーが混ざってという面子。
進行のテンポもよく実況中継の質も高く凄い楽しめたトーナメントだった。
そして未だかつて無いほど高いレベルの攻防が多かったように思う。
15年も遊ばれ続けている太古のスポーツ系FPSでありながら技術的にはさらに底上げされている。
やはりNewNetによってアメリカ大陸とヨーロッパのプレイヤーが
蜜に対戦し影響を及ぼし合うようになったのが大きい。

ベスト4決定戦

us.pngph34r vs. us.pngblackout
実況録画
最注目カードの一つ。
事実上アメリカ現役最強のNWDuelerを決める一戦だったと思う。
ph34rは誰もが畏怖するUnbeatableDuelerであり優勝候補筆頭。
しかしblackoutの充実ぶりは半端なく、強烈なaim、行動の先読み
そして的確な武器の使い分けは溜息がでるほどの巧みさ。
一方のph34rも決して調子が悪いわけではなかった。
ただph34rの場合は既に何年も前の段階でプレイスタイル的に完成されていて
そこから特に変わっていない印象。進化していたblackoutが僅かに上回った。

us.pngSonic vs. ca.pngDaSnaksta
実況録画
どちらへ転ぶか解らない良い試合だった。
古くからNWDuelのスペシャリストであるDaSnakstaに対し
SonicはNW SA IGどんなゲームモードでもトップレベルにこなす万能型プレイヤー。
勝敗を分けたのはDaSnakstaの生粋のDuelerならではの嫌らしいまでに巧みな立ち回り。

準決勝

gb.pngbleh- vs. us.pngblackout
実況録画
このカードは楽しみだっただけに内容的にはしこりが残るものだった。
Ping的に殆どフェアになる東海岸のサーバーで対戦することを承諾したblackoutはナイスガイだったと思う。
大抵のアメリカンは他国のプレイヤーと東海岸のサーバーで対戦したがらない。
Pingの優位というのは何ものにも勝るアドバンテージだということを
経験的によく知っているからだ。
しかしbleh-の消極的なプレイが始終目に付いた。
殆どが追ってくるblackoutを迎え撃つような形でのフラグ。
珍しくフェアな条件だったからこそ横綱相撲じゃないが
完全に力で抑え込むようなゲーム展開を見せて欲しかったと思う。
でも逆に言えばbleh-でさえこれだけ慎重に戦わざるを得ない凄みがblackoutにあったということでもある。

gb.pngd1sc vs. ca.pngDaSnaksta
実況録画
Pingのハンデを持ちNWCTFが専門のd1scにとっては厳しいゲームになることを予想していた。
しかし蓋を開けてみると一進一退の攻防。
d1scはNWCTFプレイヤーとしての輝かしい戦歴を持つプレイヤーでいながら
近年NWDM戦についての成長が著しいように思う。
d1scくらい暦が長くなってくるとレベルが停滞するか
逆にだんだん劣化していくのが普通。一体何がどうなっているのだろう:o
今やどんなゲームモードでもトップレベルにこなせるbleh-のような万能タイプになりつつある。
ただこの試合でも勝敗を分けたのは
ここぞというシーンでのDaSnakstaの粘り強さやスニーキーな立ち回りだった。
対してDuel経験の浅いd1scは、NWDuelerには居ないタイプの癖の少ないクリーンなスタイル。
敗れはしたもののCodexについては真っ向勝負で完封したといってもよく驚異的なパフォーマンス。

決勝

gb.pngbleh- vs. ca.pngDaSnaksta
実況録画
2009年にEuro鯖で初めてbleh-と対戦し、手も足も出なかったDaSnaksta。
それから丁度5年。今度はその逆でアメリカ鯖での対戦。
強力に成長を遂げていたDaSnakstaが5年前の雪辱を果たす結果となった。
bleh-が最も力を発揮するDeck16が入らず、DaSnakstaが得意とする
インファイト中心となるマップチョイスや、Pingの優位が追い風となったのは確かだが
内容的にも決勝に相応しく素晴らしかった。
お互いに 先読みの精度、攻撃力、移動技術
もはや人間を辞めているような領域に達している。
特にPhobosの360度縦横無尽に展開する攻防は見応えタップリ。
即着武器とコンボを軸として攻撃を組み立てているbleh-のスタイルに対し
Flak1st、Mini、Pulse2ndで稼ぐDaSnakstaの相性というのもあったかもしれない。
読み負けしない立ち回りと間一髪で生き延びるしぶとさが特徴のDaSnakstaだが
攻撃面でも恐ろしいほどインファイトに強く
Flak1stやPulse2ndの粘着するような当たり方には流石のbleh-も面食らっているような様子だった。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
Category
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。