スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加速無し⇒加速あり 経過観察

最初から何の疑問もなく慣れ親しんでいた加速無し設定を捨てて約3ヶ月・・・
人間の適応力とは凄いもので、最初の一ヶ月くらいは違和感あり過ぎて
思った方向を向くことすら困難な状態だったが
今や元に戻れないほどにアクセルありがしっくり来ている。
自分が設定に慣れて来たことが数値としても現れ始めていて

6月19日 UK Newnet鯖での一戦
(設定メモ)
PC:HP-dv6 6c00 laptop
LCD:60Hz
マウス:DeathAdder3.5g 1800dpi 1000hz
マウスパッド:Steelpad Qck Mass
Windows加速カーブ閾値設定: (1,2) (2,4) (3,6) (40,376)
UT設定:UseDirectInput=False

たまたま上手くいったのもあるけどUK鯖でAcc35%以上を出したのは初めてな気がする。
これがUS鯖で120Hz↑+デスクトップPCという環境だったなら40%くらいはいっていたかなぁと。

IGCTFでは上位プレイヤーとそれ以外を区別するとても解り易い指標がある。
1ゲーム通しでプレイした時にAcc40%前後がコンスタントに出ているかどうか?というのがそれ。
実際のゲーム内でのAcc40%プレイヤーというのは、下位のプレイヤーにとっては為す術もない強烈な火力で
感覚としては見えてから一発目で倒さないと殆どの確立でやられている。
こちらも最低限Acc30%くらい出せる力がないと全くCTFをさせて貰えない。
自分は通算平均Acc25%程度なので、有象無象のボリュームゾーンプレイヤー:p

UK鯖は世界各国からプレイヤーが集まり凄い面白いんだけど
本来は自分と同程度の力量を持った相手でもえらく強く感じる。
まぁこれは大きなPingのハンデを背負って遊ぶ時の宿命。。。
ちょっとでも気を抜くと全く活躍できず餌となるだけで
5,6ゲーム連続プレイするともうグッタリ:x

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
Category
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。