スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QuakeCon2014

QuakeCon 2014 Intel QUAKE LIVE Duel Masters Invitational Bracket
Twitch実況動画

golden-cup.gif by.pngCypher
cup_silver.gif us.pngDaHang
bronze-cup.gif ru.pngevil
4th se.pngtox

毎年これを観るのが楽しみとなっている世界的イベント。
でも今回は用事があり生で観れなかった:(
あえて結果を観ずにファイナルだけ視聴、面白かった!
by.pngCypherは2連覇という偉業達成。しかも全試合ストレートかな。
オフラインでの環境差の無い対戦となればめっぽう強い。
名実共にスポーツ系FPS史上最も偉大なDuelerになろうとしている。

去年と違って手元をワイプで映してくれなかったのは不満だけど
二人の視点操作の特徴とか見てると面白かった。
by.pngCypherはアクセルをギュンギュン使ってアクロバティックな操作をするのに対し
us.pngDaHanGは見た感じではアクセル無しローセンシのような視点操作で堅実に当てていくタイプという印象だった。
やはりby.pngCypherの淀みない動きは美しくてカッコいい。
UTでもそうだけど移動技術が洗練されて芸術の域に達しているプレイヤーは
ひときわ輝いている。スポーツ系FPSの華はそこにあると思う。
あと気になったのは元UT2004プレイヤーのfr.pngwinzが出場していたことかなぁ。
去年は元UT3プレイヤーのie.pngkRoNicが健闘していたし
意外なところでUTerとも縁のあるQuakeConなのでした〆

us.pngDaHanG vs by.pngCypher - QuakeCon 2014 (GRAND FINAL)
表彰式
スポンサーサイト

ピンポンが面白い

広告阻止用トラッシュ記事!
一定期間更新が無いと勝手に広告が表示されるsh1tな仕様なのね・・・

アニメ ピンポン
原作未読で先入観なしに視聴してみたがこれは最後まで追ってしまいそう。

ペコ
 おちゃらけで目立ちたがりのキャラとして描かれている。
 才能だけでそれなりのレベルまでいけていたのでユル~く卓球を続けていた。
 しかしずっと一緒だったスマイルの素質が開花し、自信を持っていた卓球で置いてけぼりにされてしまう。
 またペコと対照的な泥臭い努力キャラであるアクマにすら試合で破れラケットを置くことを決意。
 空虚な日々を送っているところをアクマにつかまり
 卓球を続けるよう鼓舞されるが果たして・・・

スマイル
 幼い頃からのペコの卓球仲間で感情表現が乏しいキャラ。
 とりたてて卓球が好きだという描写はなく、なんとなくで卓球を続けているという感じ。
 しかし隠し持っていた類稀な才能を見出され注目を浴びることに。

アクマ
 幼い頃からペコ&スマイルと同じ卓球クラブに通っていた一人。
 卓球への愛と、惜しみない努力で名門校でレギュラーになるほどの腕前に。
 しかし幼少期は見下しすらしていたスマイルに完敗し
 努力だけでは決して覆すことのできない圧倒的な才能の違いを思い知らされる。

スポーツを題材にこそしてはいるが所謂単純なスポコンストーリーではなかった。
才能は平等に分配されることは無く、また求める者の所に降ってくるものではない。
という全ての事柄に通ずる残酷な真理を
3人の幼馴染キャラの描き分けによって際立たせている。
今後ペコがどういう形でスマイルと相まみえるのか・・・とても楽しみだ。

日本は人気あるなぁと感じること

この間ひょんなことから
IRCでドイツのUT3プレイヤーに話かけられた。

「UT3黄金時代(人が沢山いた時)のデモとか持ってないか?」

とのこと。
UT3は遊ばなくなって久しいけど
幸いClanbaseやESLの大きな大会のDuelとかは保存してあったので
それをまとめてアップロードしてあげたら喜ばれた。

そのついでにUT話に花を咲かせていると
彼はいつしか自分がいかに日本好きかを雄弁に語り始めて

「ストリートファイターのドキュメンタリーを観たり、Daigoの本も読んだりしてる」

などと話始めたのだ。続けざまに

日本にはアーケードゲームセンターがいっぱいあるだとか
ウメハラ氏がゲームセンターと家を自転車で移動していたエピソードだとか
さらには氏の勝負論に至るまで…

熱く語ってくるのに驚かされた:o
格闘ゲームには疎い私も、幸い最初の著書を買って読んでいた口なので
話は良くわかったのだけど
驚くべきはヨーロッパのUnrealerにまでファンが居たというそのカリスマ性の強さ、、、

それからは

「僕がどれほど日本が好きか想像できないと思うよ」
「いずれ日本にいってみたい」

というところで話は終了。

こういうのは初めてではなくて
以前から日本に好意を持ってるUTerに話かけられることがたま~にある。
そして大抵は漫画やアニメ絡みで日本に憧れていることが多い。
格闘ゲームのLegendウメハラさんがきっかけでというのは彼が初めてだけど
考えてみると海外の人から見て
日本の魅力の一つに挙げられてしまうほどの存在…
後にも先にもこういった日本人ゲーマーはまず出てこないような気がする。

まぁあいにく私は日本人でありながらサブカルには疎く
それこそ秋葉にすら行ったことも無いので
彼が日本に来ても良い感じにエスコートすることはできないけど:p
むしろ俺のほうこそ東京いきて~よ みたいな…

なんとなく印象に残ったので日記〆

Dream Hack Winter 2013 Quake Live Championship観ていたら・・・

夜が明けて昼夜逆転していたでござる。

海外のUTerがIRCのあちこちで話題に出してたお蔭で気付けて良かった。
Quake未経験の自分が観ても凄い楽しめた。
やはり何の小細工も条件差も無しのオフラインDuelっていうのは
原点なのだなぁと。

試合についてはCypherとraphaが決勝に行きそうだなぁと
思ってたら案の定そうなって熱いggで魅せてくれた。
特にCypherの充実ぶりは半端なく
動きの流麗さ、反応の速さ、行動の先読み、張り付くようなAim
素人目で観てても一人だけ抜けていたと感じた。
彼は今まさに絶頂期をむかえているのかもしれない。

あと中継で手元も同時に映してくれるのが面白かったんだけど
決勝へ残った二人ともがWheel Mouse OpticalのBlackだった:o
スポンサーの意向などにとらわれると勝てない場で
競技系FPSのトップが最後に信頼を預けるマウスが10年前のMSマウス…

デバイスメーカーは彼らのような人種でもWMOを捨て安心して乗り換えれるような
軽量高性能マウスの名機を一つで良いから生み出して欲しい。

大阪でんでんタウン巡り

osaka_station_130505_01.jpg
せっかく近くまで帰ってたのでマウスとか電子部品を漁りにいってみた。
田舎住まいなこともあり、普段ほとんどの買い物を実物を見ることなく通販で済ませてしまう。
たまにはリアルに触れないと…
最高にリア充な私は当然独りで、そして訪れる場所は完全なるオッサンコース!
しかし大阪駅周辺がさらにver.upしててびっくり。

以下無駄に写真が多いので注意。(XZ-1ぶらさげて練り歩き)
NEXT≫
プロフィール
Category
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。